lupe

双眼ルーペ

双眼ルーペについて

歯科用顕微鏡は大変有用なものではありますが、反面、大きく拡大して見える、ということは見える範囲は小さくなるということです。そのためある程度拡大しながら、より広い範囲を見たい場合など、機動性に優れた双眼ルーペも併用して治療に当たっています。

双眼ルーペを用いると、治療部位を2~3倍に拡大してみることが出来ます。顕微鏡に比べ拡大率は低いのですが、むし歯の取り残しのチェックつめものと歯のすき間のチェックに有用です。精密なつめものや冠を作るときに大いに活躍します
つめものや、冠の適合度 (すき間なくぴったり入っていること) が向上し、二次むし歯の発生が減少します。

メリデント ウルトラライト
メリデント ウルトラライト 知る人ぞ知る、フィンランド製の入手困難な逸品です。

当院では私費治療の際には顕微鏡やルーペを必ず用いています。また、保険の治療でも、必要に応じてこれらを使用して、グレードの高い治療を目指しています