むし歯治療

むし歯の治療について

基本的な考え方

  1. 進行の程度が重度でない虫歯については、MI治療なるべくむし歯の部分のみを除去し、つめものをする)を行います。 MI とは(Minimal Intervention:最小限の干渉)の略です。
    つめもの(充填物)の材料が、以前に比べ大幅によくなったことから、行えるようになった治療法です。
    むし歯になった歯の部分を除去し、それ以外の健全な歯質は、極力、削らないでつめものをする(充填する)という方法です。
    むし歯があまり深くない場合、むし歯の範囲があまり大きくない場合は、前歯でも奥歯でも、ご自身の歯の色によく似た色で、白いつめものをすることが出来ます。
    保険適用の治療です
    当院では保険適用のレジン充填(白いつめもの)でも、もとのご自身の歯によく似たものを選定してつめものをしています。
    それなりに、見た目にも差し支えない出来上がりではないかとは思います。
    しかし、かぶせ物をしていない前歯は、同じ歯でも、歯頚部(歯肉に近いところ)と、切端(先端)の部分とでは、色合いや透明性に差があります。(ご自身で鏡でよく見てください)
    もとの天然の歯と同じように、自然な目立たないつめものにしたいとご希望の方には、私費レジン充填をおすすめします。
    ここをクリックし、白い歯の魅力の項をご覧ください
  2. むし歯の範囲が広い場合、再発むし歯などの場合、形をととのえた後に型をとって、金属や白いつめ物 (白いつめ物は私費治療) を入れます。
  3. むし歯が進行して、歯の中の神経(歯髄)までむし歯が達した場合や、以前に神経の処置をしたものの、痛みや腫れが出てしまった場合は、歯の根の治療が必要になります。歯の根の治療(歯内療法)は当院で得意とする分野です。
    歯の根の治療は、家作りにたとえれば土台に相当する大切な治療のひとつです。
  4. むし歯によって歯の実質が失われ、ご自身の歯の部分(歯冠部)が少なくなった場合には、型をとって、かぶせものをすることがあります。
  5. 一本から数本の少ない歯が抜歯(歯を抜くこと)によって失われた場合は、残っている歯のかぶせもの(冠)に人工の歯をつけたブリッジという治療法があります。(入れ歯とは異なります)ただし、症例によって、対処できないこともあります。
  6. 多数の歯がなくなってしまった場合は義歯(入れ歯)で対応します。

    当院では症例に応じ、歯科用顕微鏡双眼ルーペを活用しながら、精密治療に努めています。