PMTC

定期チェックのおすすめ

歯科医院に通って治療をするのには、日常生活の中でそのために時間を作らなければなりません。
また、大半の方にとっては、歯の治療は楽しいものではありません。
そこで、治療が一応完了したときに、「むし歯も直したし、歯石もとってもらったし、当分は医者には行かない」と考える方は多いのではないでしょうか。

確かに、むし歯になりにくい状況にある、歯周病が進行していない、ご自身のお口のクリーニングがゆき届いている等々、条件が整っていれば、何年間もの間、何のトラブルもなく過ごせるかもしれません。
しかし、歯科医院からすっかり足が遠のいていると、思いがけないお口のトラブルを抱えてしまうことがあります

そのため当院では、一生ご自身の歯で楽しくお食事をしていただくために、また、残った歯を大切にするために、定期チェックをおすすめしています。

軽度でも歯周病にかかっている方

歯周病の進行を防ぐには、患者さんご自身のケアと、歯科医院でのクリーニング(歯石除去やPMTC)が必須です。
歯周病にかかっている方は、定期的に来院していただき、後自身のお手入れが苦手な部分があれば効果的な汚れのとり方をご相談します。
また、歯石やプラーク(歯垢)をとりのぞき、歯周病の進行をおさえるサポートをします。
歯石をとる時には、少しカリカリした感じがありますが、できるだけ痛くなく、またさっぱりと気持ちのいい感じが得られるよう努力しています。

歯周病についてはここをクリックしてください

むし歯について

むし歯は、象牙質(歯のいちばん外側にあるエナメル質の内側にあります)まで達してしまうと、自然に治ることはなく、進行していきます。
早めに発見できれば、むし歯の部分のみ取り除いて、詰めものをし、1回の治療で治ることが多いのです。むし歯が進行すれば、治療に要する通院回数と、診療費が増加していきます。

定期チェックでむし歯を早めに発見し、治していくことが大切です。
定期チェックで発見したむし歯の治療については、患者さんと相談の上始めます。

お子さんについて

乳歯や、生えてきたばかりの永久歯は、とてもむし歯になりやすく、進行が早いのです。したがって、3ヶ月ごとにチェックをして、早期発見が大切です。
お子さんの歯ブラシの使い方・お母さんによる仕上げ磨きの方法の指導をいたします。むし歯になりにくくするためのおやつや飲み物のとり方のご相談などに応じます。ご希望に応じて、フッ素塗布をします。(フッ素添付は有料です。治療費についてはここをクリックしてください)

入れ歯について

お口の中にすっかり馴染んで、使い慣れた入れ歯でも、ご自身の気付かないうちに、人工歯(入れ歯の歯の部分)が磨り減ったり、入れ歯の内面がぴったり合わなくなって、残りの歯やあごの部分に思わぬ負担をかけてしまっていることがあります。定期チェックが必要です。

PMTCについて

PMTCとは、英語の Professional Mechanical Tooth Cleaning の頭文字です。簡単にいうと、プロ(歯科医師、歯科衛生士)による、歯科医院で行う歯のクリーニングというべきものでしょうか。

歯にこびりついて硬い歯石は、自分で取り除くことはできません(市販の器具で、ご自身で取り除く方もいらっしゃいますが、完全に取り除くことは難しく、無用に歯肉を傷つけたりすることもあります)。

歯の表面にバイオフィルムという膜をつくってこびりついるプラークは、歯ブラシだけで取り除くのは困難です。また、歯周ポケットの中に深く入りこんだプラークは、ご自身では取り除くことはできません。
つまり、PMTCは患者さん自身が努力しても、取り除くことのできない歯周病菌の集団を取り除く、プロによるケアです。

ここをクリックし「歯周病」についてもご覧下さい