rentgen

レントゲンシステムのデジタル化

デジタルレントゲンについて

最近人体への外部被爆についての関心が一層高まっています。

歯科治療では治療部位の状態把握のため、どうしてもレントゲン写真を撮る必要がでてきます。
もともと、歯科で撮影するX線写真はお口の周りのみの局部的な照射のため、臓器に対する影響は胸部X線や胃への撮影よりはるかに少なく、通常の使用では人体に影響を及ぼすような線量にはなりません。
これをデジタル化することにより従来のフィルムに比べ被ばく線量が数分の一に減ります。電子技術の発展により、最近ではフィルムより高精細な画像が得られるようになりました。

また、画像の強調や拡大処理が容易で、タブレットパソコンの画面にレントゲン写真を表示することにより、患者さんにも見やすい大きな画面でのご説明が可能となりました。

デジタルレントゲンディスプレイ
手前のタブレットPCを患者さんの側まで持ち運び、ご説明が可能です。
右手奥のペンシル型の2本は口腔内カメラです。