ラバーダム

ラバーダム装着とは

ラバーダム装着とは根管治療 (歯の根の治療) などの際に、お口にゴムのシートをつけて、治療する歯を唾液などから保護するものです。ラバーダムシートは、クランプという金具を治療する歯につけて固定します。また、ラバーダムシートの周りは、ヒラヒラしないようにフレームというもので止めておきます。ラバーダム装着は治療中に根管内に唾液の中の細菌が進入するのを防ぐために非常に重要です。

根管とは、歯の根の中の、神経があった細い管のようなところです。

実は現在ラバーダムを使用することによる保険点数はなく、歯科医院の出費となりますが、根管治療を得意分野としその重要性を十分認識している院長としては、欠かせないものと考えています。

ラバーダム
治療中の歯を唾液中の細菌から守るラバーダム
根の治療の時も、唾液の浸入を防いでいます

 

 

 

 

ラバーダムは症例によって、乳歯の治療にも活躍します。

乳歯の治療   乳臼歯へのラバーダム装着

   ラバーダム装着        左の写真の歯の近くを拡大したものです

クランプというリング型の金具を歯につけて固定し、治療する歯を唾液から守っています。また、歯を削ったときに出る水が、のどの奥へ流れていくのを防いでいます。

歯のつめ物をする場合にも、必要に応じてラバーダムを使用します。